11ヶ月と僕

多忙につきまた数ヶ月すっ飛ばし。

・GW中の娘はずっと熱をだしていて、朝38度→朝寝でちょっと落ち着く→夕方にまた38度、という流れを3日ほど繰り返していた。
最初は協力的というか自分から進んで布団に入ったりしていたのだけど、だんだん飽きてきたのかワガママ度が上がっていって参った。
幸い週明けには落ち着いて保育園にいけたのだけど、GW前まで平気だったのに泣くようになってしまった。まあ私が視界から消えれば割とすぐあきらめるので、サッと隠れて出て行ってしまうのだった。

・平行するように指差しが進化して、ご飯のときとかに色んなものを指さすようになった。(が指す方が曖昧すぎてどれなのか分からない。適当にそれだろうと思うものを言う。)
絵本の指差しも活発になり、だるまさんやらこぐまちゃんやら「おふろだいすき」のオットセイとか指さしている。「だるまさんの」でだるまさんそのものでなく手袋を指差したりするのが面白い。

・「赤子」だったものが「幼児」になっていく様を目の当たりにしている。寂しさもあるけど、とりあえず言葉でコミュニケーションができる方が色々と楽しくなるだろう、と希望的観測で日々暮らしている。

9ヶ月と僕

時間があっという間にすぎてしまう。

・娘は毎日つかまり立ちの訓練を自主的にするので、大変えらいなあと思う。
別のところに持ち替えようとして両手離して転んだりしている。何かに集中するとと他のことが抜けてしまうのは僕の子らしい。

・宇宙語の発達もめざましい。何を言ってるのかこちらが理解できないのが申し訳ないくらい。たまにこちらが言ったことをオウム返しに言ったりする。

・保育園に向けて色々と準備をしている。
離乳食の後を母乳からミルクに置き換えてみたり、妻のシフト勤務での不在に備えて、土曜日に半日は僕が面倒を見たり。
保育園に無事いれることが出来て、それ自体はわりと計画通り(一応保育園のことも考えて引っ越したので。予算的な意味が一番だったけど…)なのだけど、ここ最近ネットで待機児童の話題が出る度に何となくモヤモヤする。大人しく「攻略」せずに反発した方が良かったのか、とか。
とはいえ今は4月からの生活のことを考えるので手一杯なので、何とかやり過ごせるようにしないと。

5ヶ月と僕

・娘のうつ伏せは進化した。ただし何故か足を上にあげる方面に。結果的に平泳ぎするみたいな動きをしている。
少しネットで調べた限りずりばいをする前段階としてすることがある、ようだ。
まあ正直ハイハイが始まると家の片付いていない部分につっこんでえらいめに遭うこと必至なので、あまり手助けなどせず放置している。

・跳ねる動作をよくする。体がぴょんぴょんしている。これも何でするようになったかよくわからない。妻は娘を足に挟んで間からぴょこぴょこさせる遊びをしている。娘も笑いながらぴょこぴょこしている。何なんだ。

・僕に対する娘の風当たりはやや厳しくなった。
お風呂に入れようとすると泣き出す。朝は平気なのだけど夜だっこすると泣き出す。妻=お母さんに交代すると泣き止む。
娘の中で序列が出来上がって、夜になって疲れるとお父さんヤダ、みたいなのが出てくるんじゃないかと思う。
正直泣かれるのはしんどいしほ乳瓶ミルクも受け入れないのと合わせて結構困る。しかし焦ったところで何ともならないのでじっくり対応するしかない。困った。

4年間の話

「4年間で変わったこと、変わらないこと」はてなブログは4周年!

メモ書き程度。

この4年間はいろいろあった。入籍→挙式→妊娠→出産が1年刻みであったので、ライフイベントの逆算がしやすい。

環境は大きく変わった。公私ともに。私の社会的な立ち位置はずいぶん変わったように思う。当然僕の思考、有り様も変化しているのだろう。

自分の変化を自分が読みとることは難しい。

なので変わっていないことと言えば、「僕が、僕であること」だけなのだと思う。たぶん。

そんなふわりとした感想だけ残しておく。

お食い初め(大分略式)をした

生後100日どころか120日もとっくに過ぎた中、お食い初めをすることにした。

(家族の予定が合うのがここだったからと言うだけだが)
 
うちの家族は両親を始め関西出身の人が多いのだけど、お食い初めはしなかったそうなので東の文化なのこもしれない。
 
  • 準備
どこまで伝統にのっとるか。そもそも何が正しい伝統なのかなど色々あってややこしかったので略式モードで進める。
結果
・鯛を自力で焼く
・お赤飯を炊く
・大人用の食べるものを両親に持ってきてもらう(助かる)
・一汁三菜は買うか大人の食べ物を流用
・ホールケーキを買う
・食器は離乳食用+正月の残りの祝い箸
となった。
 
  • 鯛を焼く
 
スーパーで処理済みのものを買えれば、手順通りに焼くだけだった。
 
(本来は縁起物だから刃物は入れない?らしいけど、まあ私は入れてないのでセーフ(謎理論))
 
ネット上のレシピを参考にしつつ、
塩をまき、水分を拭いて、ヒレに塩をまぶし、更にアルミホイルを被せて、ガスコンロのグリルで弱火でじっくりと焼く。
10分くらいで裏返して、またじっくり焼く。
20分弱くらい焼いて取り出す。
 
f:id:nekobosi:20151104204551j:image
裏は割と焦げている。
胸ビレを手抜きでホイルしなかったら綺麗に消失したので、やはりヒレはすべてホイルをかけたほうが良い。
 
  • 赤飯を炊く
 
もち米とこれを混ぜるだけでokみたいなものを買ってきて、裏面の手順通りに炊くだけ。便利な時代だ。
 
  • その他
 
出来合いのものを更に出すだけ。便利な(略)
 
鯛と赤飯だけなら、空き時間が多く平行調理が可能(鯛の調理で手が魚臭くなるのの対応は必要)なので、午前中に夫婦で育児と調理を分担すれば終わると思う。プラスお吸い物と煮物だと前日から準備がいるだろうな。
 
  • 当日
 
兄夫婦と僕の両親が来る。
本来は年長の人が云々とかあるみたいなのだけど、なにせ略式なのでみんなで順繰りにあげる。
娘は緊張していたのかあまり笑顔は無かったけど、まあ泣き出したりしなかっただけ良かった。
 
最後はデジカメで家族写真をとって終了。お疲れ様でした。
 
  • 感想
イベントというか家族で集まってやいのやいのするには良いイベントかなと思った。
あと鯛を焼いているときに、母の実家近くの磯料理の店で嗅いだのと同じ塩の匂いがしたので、懐かしいな、と思ったのは副産物。
 

4ヶ月と僕

・保育園の資料を集めたり、(妻が)見学に行ったりしている。
場所柄?なのか保育園の教育方針が思ったより多様(私立の認可保育園が多いからかな)ので良くも悪くも悩ましい。

資料だとわからなくても見学に行ったり合同の説明会で話したりしてモヤっとする事で候補(というか希望順)が決まったりするので、直接あって話すのは大事だなと思ったり。
概要から一歩踏み込んだところに入れるから、思い入れというか向こうが考えていることが見えやすくなる。気がする

それにしても保育園周りは仕組みが多くて難しい。認可と認証とか未だにぱっと出てこない。とりあえず認証=東京都独自だけ記憶しておく。

・娘はにぎにぎ(ぬいぐるみのガラガラ)を持って遊ぶようになった。
遊ぶといっても空中でゆっくり回すか、自分⇔地面もしくは僕の膝にガンガン打ちつけている。まあ良い音がすると何度もやるので楽しいのだとは思う。

・娘は時々甲高い声で「キィーーヤァアーーー」みたいな声を発するようになった。
子どもが興奮したときにあげる高い声に近い。なんだこれはカフェイン原因なのか?と思って妻に控えてもらったが全然関係なく本人の気分でやっているぽい。
色んな声が出せるようになったから面白くてやっているんだろうな。

3ヶ月と僕

・娘は人見知りが出てきたかもしれない。初めてあった人に抱かれると泣く。でもお客さんが若い人が多いので、単に抱きなれてなくて不安定で泣いているのかもしれない。

・2回目の予防接種を受けた。
相変わらず泣いてたようだけど、まあ仕方ない。
今回でロタが終わるので一段落このまま順調に進めたい。
それにしても予防接種は予想以上にお金がかかる。推奨のものは期間内無料だけど任意接種は高い。前述のロタが1万円位して、それが終わるので落ち着くかも。

・泣き声のバリエーションが広がる。
3ヶ月半ばくらいからおなかが空いたときとかに唸るようになった。「う゛う゛う゛~」というような。なぜそうなったか謎。「赤ちゃん 唸る」とかで調べでも今ひとつ類似文献がない。
唸るのはおそらく体の不快感で、大きな音がしたとかそとで嫌なことがあるとキューとかヒーみたいな高い声を出してから泣き始める。これも謎。

・たそがれ泣きが始まり、おおむね治まる。
2ヶ月後半くらいから5時くらい大泣きするというのが続いていたのだけど、3ヶ月後半くらいに落ちついてきたようだ。
泣き出すととにかく泣き止まない。でんでん太鼓を高速で回して気を散らしている間に、泣いている「何か」が消えるのを待つしかない。そうすると段々落ち着いてくるので流れで寝かしつける。
でも最近落ち着いてきたのか、そこまで大泣きすることは無くなった。